エンディングノートとは

エンディングノートとはEnding Note

エンディングノートとは、自分に何かが起こり、
意志を伝えられなくなった時にでも、
人生の最期を迎えるにあたっての自分の希望を示すために、
前もってまとめておく文書のことです。

エンディングノートは、遺言のように法的に効力があるものではありません。
家族や周囲の人達に自分の意志を伝えるため、
そしてもしもの時の、家族達の負担を減らすために書くものです。
形式が定められているわけではありませんので、
自分の希望を、思うように書き残せばよいのです。

多く書かれるものとしては、以下のような項目があります。
・自分について、自分史、親戚・友人・知人について、家系図などの、
自分と自分を取り巻く人々についてのこと
・介護、病名の告知や延命治療が必要かどうか、献体を行うかなど、
病気になった時のこと
・預貯金、株式、不動産などの財産、加入している保険、年金など、お金のこと
・葬儀を行うかどうか、その場合の費用、規模、宗派、戒名など、葬儀にまつわること
・希望の埋葬方法、お墓がある場合はその場所、購入の場合は費用など、お墓に関すること
・遺品の整理や形見分け、遺言の有無、遺産の分け方など、相続に関すること

この他にも、大切な人へのメッセージや、後世に残したい思いなど、
書きたいことはいろいろあると思います。
絵や写真など、画像を残したい方もおられるでしょう。
先に挙げましたように、法的効力を持つもの、形式が決まったものではありませんので、
緊張せずに自分の思うところを書いてよいものです。

Copyright(C) 終活が支持されるわけ〜エンディングノートをつけよう〜 All Rights Reserved.